2017年11月30日木曜日

スーパークロス野辺山レースレポート(上野悠佑太)

Rapha Super Cross NOBEYAMA 2017   Day2

日時:2017/11/26(日)
会場:野辺山高原 滝沢牧場
順位:C2  14
周回数 6周回 / 40

 全日本選手権の会場としても使われる野辺山でのレース。今年の野辺山は去年の雪を感じさせないくらい走りやすいコースでした。レース前の1週間はいつも通りの練習をして大会に挑みました。前週に王滝があり疲労もいつも以上にありましたがあまり気にせずに練習していました。
 野辺山には日曜日だけ参戦しました。日曜のコース状態は土曜日よりかは良かったらしく、試走でも全く泥が付かないのでかなり走りやすいと感じました。コースレイアウトは去年とほとんど変わっておらずスムーズに走る事が出来ました。ただ、泥が無い分パワーコースになってしまうのでC2の人達に力負けしないようにと意気込みました。

 レーススタート。
スタートは最後尾列で前に約80人居る状態でのスタートとなりました。最初のオンロードはスムーズに行けたもののコースに入ってから自分の前に行きたいという焦りが出てしまい、抜かそうと大回りをしたら外の杭に激突して落車してしまいました。ハンドルも曲がっていたので直していたら完全に最後尾に戻ってしまいました。そこから追い上げるも1周目は60位前後。やはりC2の人はパワーもあるし、C3の時と比べて抜かすのがかなり難しくて手こずってしまいました。そこからは自分の得意な箇所でこまめに前の選手を抜かして行き、1周で10個ずつ順位が上がっていくような感じでした。ただ前に行くほど選手のスピードは速いし、選手の感覚が広がっているのでほとんど順位をあげれませんでした。結果、C2クラス14位でレースを終えました。



  [ Photo by. Katagiri ]

 今年からC2に上がってこれまでのC22回のレースでどちらもスタート直後、自分の焦りで転倒を引き起こしてしまっています。今回もこけていなければトップ10は入る事が出来ていたはずだし、C2トップのジュニア達の走りが見れていたはずです。総合的には出し切って終わる事が出来ているので良いんですが、だからこそ悔いが残る形になってしまっている部分をしっかり改善して行きたいです。C2に上がって周りのレベルも上がって少し焦っている自分がいると思います。一回見つめ直して焦らないでいきたいと思います。それでも今年のシクロではC2で一回優勝したいのでこれからも隙があったらガンガン前に行く姿勢は忘れずに挑んでいきたいです。今回も応援・サポートありがとうございました。


     Photo by. Katagiri ]

TEAM GRM 上野悠佑太


0 件のコメント:

コメントを投稿

全日本選手権(片桐翼)

日時:2017/12/10 会場:長野県南牧村滝沢牧場 結果:9位 Photo:Masakazu Abe 前日の試走は3周しました。 スーパークロス野辺山の時のコースとは大きく変わって、雪、新セクションと面白いコースでした。 その中でも自分には、溝のセクションとキャ...