2017年10月3日火曜日

CJ白馬(松本璃奈)

日時:10月01日(日)
大会名:Coupe du Japan 白馬マウンテンバイク大会
会場:長野県白馬村スノーハープ
天気:晴れ

機材
バイク:SCOTT/スパーク
タイヤ:IRC/ミトス/27.5×2.25
ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS

結果
女子ジュニア 2位

コース
スタート→砂利登り→フィード→砂利下り→林道登り→シングル下り→砂利登り→シングル下り→砂利登り→太鼓橋下り→フィード→砂利登り→シングル下り→シングル登り→シングル下り→シングル平坦→シングル登り→シングル下り→砂利登り→シングル平坦→アスファルト平坦→グランド→ゴール
ざっくりいうと、かなりのパワーコース。さらに、シングルはほとんどウェット。



今回の大会は、金曜日に高校の行事で20km強歩大会を走ってからの大会でした。

大会前日
試走は、いつも通りに2周しました。1周目は、ゆっくりでコース確認。2周目は、スムーズに行けなかったところの練習。
足は筋肉痛など疲れはなかったのですが、精神的にはかなり疲れていて最後のシングルで木に激突して、足の付け根の筋が切れてしまい次の日がかなり心配になりました。
コース状況は、試走の時もウェットでした。

大会当日
日帰りだったので、朝4時に起床し犬の散歩をして5時に家を出発しました。
当日試走は、7時00分~だったので1周軽くしました。前日は、ほとんど人が走ってなかったのでコースは固まっていませんでしたが、当日はある程度固まっていたので走りやすくなっていました。

今回は女子エリートと男女マスターズが同時出走でした。男子マスターズの2分後にスタート。1列に並べなかったの2列目。前は、小林選手と佐藤選手だったので、足止めくらうことなくスタートをきることができました。


photo by ito

いいスタートがきれたので、川口選手を上手くマーク。
一周目の前半はほとんど離れることはなく小林選手についていく。
2回目のフィードゾーンで、川口選手にトラブルがあったので追い抜くことができた。
でも、すぐに猛スピードに駆け上がってきたので抜き返されてしまった。少し先に川口選手が見え、これ以上離されないようミスをしないよう慎重に追いかける。
グランドに入った時は、もうグランドには女子選手の選手が見えなくなっていた。
2周目に入り、女子の中では3位で通過。後ろからは佐藤選手が追いかけてくる。


photo by ito


photo by ito

回転数を落とさないよう稼げるところで上げていく。
残り半分までくるといつもみたいに疲れがでてくる。フィードゾーンでゼリーを補給し、後半に備える。
コース上には、1箇所かなりの激坂がある。女子選手にとってはかなりハードな登り。後半になるに連れてって登る足が重くなる。
3周目に突入。佐藤選手とは、追いつかれたり離れたりの繰り返し。
登りでダンシングをすると足がつりそうになる。自分の足が悲鳴をあげる。だけど、最後まで3位通過したいと思い必死に漕ぐ。
アスファルトの平坦→80%の横→グランド。全力で漕ぎゴール。


疲れもあってなかなか自分の思うような走りができませんでした。また、足がつりそうになったのも水分不足だったので、レース中もこまめに補給をとりつつレースに挑みたいと思います。

来週からは、シクロクロスが始まります。去年はCL2で走りましたが、今年からはCL1で走ります。独走っていうのが去年では当たり前でありましたが、CL1では通用しません。プロ選手と一緒に走る中でトップを勝ち取りたいと思います。
また、去年でスピードスケートを引退ので、今年の冬はシクロクロスに集中出来るというのもあり、去年出れなかった全国大会に出場できます。マウンテンバイクとは、違う練習や試練が待っていますが、頑張りたいと思います。


たくさんの応援ありがとうございました!
次回もよろしくお願いします。

TEAM GRM 松本璃奈





0 件のコメント:

コメントを投稿

CJ-1 富士見パノラマ秋 レースレポート (小林勇輝)

CJ-1富士見パノラマ秋大会 出場クラス:Men Junior 周回数:4.18㎞×4周 路面:ウェット 結果:2位 使用機材 フレーム:FOUCS RAVEN ギア:フロント34tリア11-42t タイヤ:Continental Mountainking2.2 ...