2017年10月3日火曜日

CJ-1白馬 レースレポート (小林勇輝)

CJ-1白馬大会レポート

出場クラス:Men junior
周回数:4.2㎞×4周回
路面:前半シングルトラックのみウェット。他ドライ
結果:2位

使用機材
フレーム:FOUCS RAVEN
ギア:フロント34t リア11-42t
タイヤ:空気圧1.57bar

後半戦2レース目のレース白馬。1つ前のレースから間が1週間と連戦となっている今回。前の妙高のレースから時間もそんなにないのでできることは限られる中、うまく疲れを残さないようにし、季節の変わり目での気候の変化で体調崩さないよう私生活で意識してこの週末を迎えた。

今回の目標としては、妙高での反省点を改善し自分のベストの走りをすること。具体的にはジュニアでの優勝、エリートのトップ10以内の位置でのゴール。

レース当日、体調は悪くはなくモチベーションを高く持ち会場入り。スタートは同時スタートだった妙高と違いエリートから2分後のスタート。前に選手がいないためジュニア選手の間でのスタートの争いが激しくなることを予想してスタートラインに立った。そしてスタート。ミスしないよう少し意識しすぎていたせいかクリートがはまらずスタート失敗。レースは最初の登りが長いため、落ち着いて前に出る。最初のシングルは2番手で入る。路面は前日の試走と状況が変わっていなかったが、前日のように下りがうまく走れずトップと差が少し開きコーナー出口で足を使ってしまう状況だった。足の感覚は良くうまく回せていたのでていたので登りで差を詰める。しかし再びシングルに入り前と離される。だんだんとエリート選手に追い付きはじめて前の選手との間にエリート選手が入りうまく自分のペースを刻めない状態だった。1周目は10秒差で2周目に入る。だんだんと下りのペースが掴めるようになっていき前を全力で追う。コースはここ最近でとてもタフなコースでかなり苦しかったが、ペースをとにかく落とさないよう意識して踏み続けた。できるだけ選手を抜けないシングルの手前でエリート選手をかわすようにし、少し足を使ってでも前に出るように走った。トップの選手とは20秒前後の間隔で周回を重ねる。レースはジュニア3番手の選手とペースを作りながらトップの選手を追っていった。途中バイクを押さなければいけないセクションで足が吊りはじめ、若干ペースが落ちるが下りの区間で軽くその方が部分をストレッチしながら回復させていった。そしてあっという間に最周回に入るが前との差が詰まらない。エリートの中でも10番手代後半。まだまだ前に行くべく自分を追い込んでいった。ジュニアのトップの選手が少しペースが落ちはじめ差が縮まってきたがその差を縮めきれずにゴール。エリートの中でも最終的には15番手に追い付いた辺り。

とにかくタフなコースで体はかなりきつかったがベストを尽くし楽しめた。結果はまだまだなところだが自分の中でいいレースはできたと思う。

自分は後半残りあと2レース出場予定。まだまだ上を目指して全開で楽しみます!
今回も沢山の応援、サポートありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿

CJ-1 富士見パノラマ秋 レースレポート (小林勇輝)

CJ-1富士見パノラマ秋大会 出場クラス:Men Junior 周回数:4.18㎞×4周 路面:ウェット 結果:2位 使用機材 フレーム:FOUCS RAVEN ギア:フロント34tリア11-42t タイヤ:Continental Mountainking2.2 ...