2017年9月14日木曜日

アドベンチャー富士見レースレポート(後藤大地)

日時:8月20日
 
会場:富士見パノラマ
 
結果:3位
 
 
初めて参加するアドベンチャー富士見。レースは50km近くある1wayの道を走る感じでした。大滝と似たようなレースでした。
 
<レース1週間前>
コースマップが出たとき、上りや下りの長さを見て、ペース配分や持っていく補給食の量を考えました。
合宿が終わって1週間、疲れがとれた気がしないままレースを迎えて、少し心配でした。
 
<試走>
試走は下りメインの後半部分だけを走りました。
 
<レース>
スタート位置は自転車を早くおいた順だったので早めにおきにいって2列目に並べました。

スタートして最初はパレード走行だったのでチームのみんなと話ながら足を回していました。そしてダートの登りに入り、本格的なレースが始まりました。先はまだ全然あるので最初からはいかず、自分のペースでたんたんと走ることを意識して走り始めました。
走っていると登りがいつもより楽しくなく、タイヤを引っ張りながら走っている感じがしてどんどんペースが落ちてしまいました。思ったように走れず、どんどん総合順位をおとしてしまいました。進まない理由は分かっていました。前日に「いつも登りのとき、前傾姿勢過ぎてタイヤが空転するからもう少し後ろ過重で乗るようにしたい」と思い、サドルの先端を前下がりから水平にして、少し後ろに下げたのが原因でした。広いところですぐにバイクをおりてサドルの位置を元に戻し再スタートしました。抜かされた人を1人ずつ追いかけていって何人か抜かし、ゴール。
思ってた以上に過酷なレースで倒れそうになってしまいました。
 
<振り返って>
初めてのロングレース。走りやすいポジションやペース配分の大切さを改めて身をもって体感したレースでした。長いオフロードでももっと効率良く楽に走れるようになりたいと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

CJ-1 富士見パノラマ秋 レースレポート (小林勇輝)

CJ-1富士見パノラマ秋大会 出場クラス:Men Junior 周回数:4.18㎞×4周 路面:ウェット 結果:2位 使用機材 フレーム:FOUCS RAVEN ギア:フロント34tリア11-42t タイヤ:Continental Mountainking2.2 ...