2017年8月31日木曜日

アドベンチャーイン富士見 (上野悠佑太)

アドベンチャーイン富士見 (上野悠佑太)
開催日:2017820日(日)
    果:10代クラス2
コース:45キロ1周回

 CJのレースレポートではないので箇条書きで王滝に向けてポイントをおさえてまとめます。

 アドベンチャー富士見は富士見パノラマの周りでマシュンさんが45キロ設定のコースを作り速さを競う大会で、シマノバイカーズでもほぼ一緒のコースで最後だけパノラマのCコースを降ってくるレイアウトでした。
 最初に9キロ前後の登りがありそこが1番の頑張りどころであり、王滝のイメージを掴むのにも適していて色んなことが分かった。
 持ち物としては自転車にメーター、ポンプ。さどるばっくにウエス、ティッシュ、マックオフのペーパー、チェーン切れのセット、チューブ、空気調整の機具、チューブに貼るシール、トピークの工具セット、六角3本とトルクス1本、シーラントが出るスプレー。ジャージのポケットにウィンドブレーカー、固形物2個、パワージェル3本分。

 レース当日はいつもより少し多めに朝食をとりレースに備えた。自転車を最前列に置いたためアップはランで軽く体を動かした。万全な状態でゲストライダーの次の2列目からスタートすることができた。



レース中

・パレード走行での狭い道に入った時にあまり後ろに下がりたくないので枝が落ちているところも走っていた。すると枝に引っかかってしまいチェーン落ち。すぐに直すも少し後ろからのスタートに切れ変わってしまった。
・レースが本格的にスタートすると自分は一気に前に行ってレースを展開した。シマノと同じコースとわかってからは、レースペースもなんとなく把握しこの位かなというペースダウンするギリギリの速さで走った。
・少しでも走りやすい路面、少しでも楽に走ることを優先に考え、人についていく感じではなくマイペースで他人に振り回されない走りを意識した。それは結果的に良いところと悪いところが出てきたと思う。まず良いところは自分の得意な場所で加速しマイペースに走れるので疲れる感覚が減り、自分の思い描いているレースに近ずくので自分の力で走りきる長距離レースでは必要な考えだと思う。逆に悪いと思ったところはせっかく5メートル先に集団がいるのについて行かなくて結局離されていってしまうというケース。一人で走るとペースが分からなくなることもある。なのでその時その時のレース展開によって判断して行かなきゃいけないのかなと感じた。
・登り切ってから次の下りまでに平坦区間(完全な平坦はないけど)がありそこの遅さが目立った。登り切ってから3人くらいに抜かされ最後に抜かれた人にはついて行き頑張ったが、コースの中で1番思うように行かなかった場所だと感じた。理由はわからないけど一つ挙げるとすればシマノバイカーズでは登り切った所までがタイムを計る場所でそこから先の平坦は流して走っていた。なのでそれと同じかそれ以上のペースで走っていたので急にペースダウンしまったのかなと思った。
・エイドエリアで固形物をもらおうか迷ったがあまり必要ではなかったのと、前の選手が取りに行ったのでそこで仕掛けて一気に離す作戦に出た。その判断は良くて、後続との差もできてなおかつ得意な下り区間だったので前の選手も見える位置まで追い上げることができた。
・そこからは最後にきつい登りがあったがそこはこらえてCコースに入った。入った所からゴールまでは3人の選手を抜かすことができた。
・ダウンヒルでは思いがけないトラブルがあった。下りに入った瞬間前輪の方からカタカタ音がすると思い見てみるとクイックが緩んでいた。二段階で締めるタイプのものなんので二段階目が緩んでいても一段階目でしっかり固定されていれば大丈夫だった。なので一段階目をしっかり締めてカタカタの音は無視して下った。しかし、やっぱり何分かおきに確認しないと怖かったので計3回確認して走り切った。クイックの緩みで骨折経験もあるので少し怖かったが出来る限り強く締め、出来る限り攻めて下った

 結果はトップから13秒差で2位という結果になった。登りでかなり離されたイメージがあったため無理かなーとも思っていだがクイックがなければ追いついていたかもしれない差だった。
ただ、今回は空気圧をF1.6 R1.7 ほど入れたのでそこまで攻めれなかった気もしている。途中で空気を抜こうかとも思ったがそのまま走った方が速いと感じたのと、王滝ではイチイチ抜いて足してはしてられないので全て練習だと考えそのまま行った。それでも前の選手に近ずいてたのでそれはよかったと思う。
今回は大きなトラブルもなく終えられたので良かったし45キロ全力で走ることなんて初めてだったので良いイメージができたと思う。それにシマノで1位だった人と結構近くでゴールすることができ、だんだん良くなってはきてると感じれた。



TEAM GRM 上野悠佑太


0 件のコメント:

コメントを投稿

湘南シクロクロス レースレポート(上野悠佑太)

日時: 2018/2/18 (日)晴れ 会場:開成水辺スポーツ公園 結果: CJ クラス 優勝 周回数:( 40 分) 6 周   今シーズンは初参加となる湘南シクロクロス。レースの週は学校の都合で中々自転車での練習が出来ず、火曜日からレースの日曜までは自...