2017年7月26日水曜日

全日本選手権レースレポート(上野悠佑太)

2017全日本マウンテンバイク選手権大会

開催日:2017723日(日)曇 /
会 場:富士見パノラマリゾート(長野県富士見町)
    果:ユースクラス8
周回数:4,46km×3
 年に一度の全日本選手権。秋田での好感触をそのままこのレースでも見せたいと挑んだレースでした。練習はいつも以上に負荷のかかるもので疲労も少し残っていて、正直秋田ほどの調子ではなかった。それでも少しの違いだから影響はないと頭に叩き込み会場へ入りました。
 前日試走では変更されている所はあるものの、難しい所はありませんでした。しかし試走を終えた所で大雨が降り、ロックセクションのあるUターンの一箇所だけは落車のリスクを考え降りて走る事にしました。それ以外も少し滑りやすいなと感じたので、前輪だけマッドタイヤを選択しました。
 レースでは表彰台に乗る事を目標にしました。ただそんなに簡単な目標ではないことも分かっているし、レース中の駆け引きに勝って少しのチャンスも逃さず表彰台に乗るイメージをしてました。スタート位置は1列目の1番左でした。

   Photo by. GENさん]      
             
 レーススタート。スタートは悪くなく4番手くらいでしたが最初のコーナーで前に詰まってしまい、足をついてしまいました。そのような小さなミスで離れてしまうのは十分分かっていたので一旦落ち着いて前の選手について行きました。そこから1周目は3位争いで一時は単独で3位にもなりましたが、そこからがダメでした。2周目に入り腰に痛みを感じるようになり、序盤のシングルの登りでは次々と抜かされてしまい、3周目に入る頃には11位まで順位を落としてしまいました。全く前の選手のペースについていけず、無理やりついて行ってまた自分だけリズムが崩れて足をついてしまったりしていました。でも自分が後半強いのは分かっていて最後まで諦めず3人の選手を抜いてゴールし8位で終わりました。

      Photo by. 伊東さん]

 今回は前々から苦手と感じていた序盤のシングルの登りが攻略しきれず順位を落としてしまいました。ただダートクリテで使われている場所の登りはリズムがとれて楽に登れていたので、それより上がパノラマで速く走るために改善しなきゃいけない部分だと感じました。
 それでも落車がなかった事(足をつくことはあったけど)やスタートから目標順位を走れていることは、シーズン開幕の時から比べて確実に良くなっているのでそこは前向きに考えて行きたいです。
 今回の全日本選手権では順位だけ見れば全く目標には届かなかったけど、ネガティブには考えていられないし、次の全国ユースに向けてまた練習します。
応援・サポートありがとうございました。
TEAM GRM 上野悠佑太



0 件のコメント:

コメントを投稿

全日本選手権(片桐翼)

日時:2017/12/10 会場:長野県南牧村滝沢牧場 結果:9位 Photo:Masakazu Abe 前日の試走は3周しました。 スーパークロス野辺山の時のコースとは大きく変わって、雪、新セクションと面白いコースでした。 その中でも自分には、溝のセクションとキャ...