2017年7月30日日曜日

全日本マウンテンバイク選手権大会 (小林勇輝)

2017 第30回全日本マウンテンバイク選手権大会

会場:富士見パノラマリゾート
日時:7月23日
スタート:11時45分
出場クラス:ジュニア
路面:セミウェット/ウェット
周回数:4.46×4周
結果:7位

使用機材
ギア:F34t R11-42t
タイヤ:SCHWALBE RACING RALPH 2.10 空気圧 F1.55 R1.6

年に一度の全日本選手権泣いても笑っても1度きり。
結果は…、泣くことに。
今シーズン前半は初戦の八幡浜で表彰台を逃した以外は毎回表彰台に乗ることができ、リハーサルのつもりで臨んだ5月の富士見では最終的に結果は2位だったもののジュニアでトップを走り、かなりいいlapタイムで走ることができた。
自信をつけ、うまく調整もでき、いいモチベーションで全日本の週末に入ることができた。

いつものように前日を過ごし、いつものように朝を過ごし、準備もアップもいつものように。
体はいい状態であとはいつものようにレースを楽しむだけだった。
緊張も普段通り無くて、スタート前(1~2週間前から)はレースが楽しみでしょうがない状態だった。(ジュニアのメンバーが濃く、自分の体の状態が良かったため。)

今回のレースはU23と同時スタート。去年も同じスタートで去年のスタートはU23の選手に詰まり、スタートを失敗していたので、今年は過去のレースの動画などを何度も見返して試走でもしっかりイメージトレーニング、スタート場所の路面の確認をし、位置取りも考えてスタートラインに立った。

スタート。
クリートキャッチもうまくいき、いつも通りの全力のもがきをした。うまくU23の選手を交わし、ジュニアではトップ総合で5番手辺りまで順位を上げることができた。(今シーズン、毎回スタートは良く必ずトップで最初は走ることができており、いつも通りの全力スタートを今回もした。)

ここまではいつも通り。あとは自分の走りをしてU23の選手を追い、レースを楽しむだけだった。
しかし、スタートでもがいたあと1度落ち着いて後方の状況を確認した。そこで自分はかなりいい位置にいることが確認できた。
スタートが思い通りうまくいきすぎてチャンピオンを取れる状況が目の前にできた瞬間、レース中に緊張し始め焦り始める。焦る必要は全くないのになぜか気持ちがコントロールできなかった。
前日夕方から小雨が降り続き路面がかなり滑りやすい状況。1周目はとにかく落ち着いていこうと思った。
最初の下りで滑りやすい路面にうまく対応できずにリズムをつかめなかった。
後方の選手との差があったのにさらに焦り始める。
自分の走りをしようと意識をしていたが、コースに慣れない焦りと後方との差がじわじわ詰まってくることでどんどん焦りが大きくなってきていた。
焦りが大きくなりいつものようにバイクを走られることができずに後半につれ転倒がすることが多くなり転ぶごとに焦り走りがどんどん乱れていった。
下りだけではなく登りも焦る気持ちが影響しバイクうまく前に進めることができなかった。
リズムがつかめず我慢の状態でレースが進んでいっていた。
なんとか気持ちと走りをたてなおそうとレース中に深呼吸などしてみたり色々やってみましたがリズムを最終的に変えることはできませんでした。
ゴールしたときの順位は7位。
今シーズン最低順位。
ここまでの結果になるとは全く考えていなかった。

今回の敗因は自分の走りができなったこと。
要因はただその1つだが、自分の走りができなかった理由はいくつもあり、いちばんはメンタルだと思う。

今回の全日本は理想とはかけなれたものとなってしまったことはとても悔しいが、落ち込んでも前に進めないので切り替えてこの悔しさを後半戦にぶつけます!

沢山の応援、サポートありがとうございました。この結果、現実をしっかり受け止めて前に進みます!

2017年7月26日水曜日

全日本マウンテンバイク選手権〖後藤大地〗


レースレポート(全日本選手権)

日時:7月23日

会場:富士見パノラマ

結果:17位

<
前日まで>
 
今回は朽木ぶり、約3ヶ月ぶりのCJのレースでした。2ヶ月前に骨折し、1月前にやっと本格的に練習ができるようになったため、不安がすごく残っていました。けどGRMの合宿などで、しっかり練習をして不安を少なくして臨むことができました。

<
前日試走>
 
GRMで午前2周、午後1周と、休憩を挟んで2回試走をしました。いつものコースより少しレイアウトが代わっていて、上のロックセクションのところが難しくなっていました。
11つのセクションを細かく見て走ったので午後は午前よりもスムーズに走れました
次の日の天気予報が雨だったので明日はいつも以上に気を引き締めて走ろうと思いました。

<
当日>
   
朝は少し早めに起きて朝ご飯をゆっくり食べてから宿を出ました。

   
朝の試走は雨が降っていたので1周だけ走って、終わりにしました。


<
レース>
 CJレースは一回しか出てないため、ポイントが少なかったのでスタートは3列目でした。やはり全日本というだけあってたくさんの人がいました。

 スタートは上手くクリートがはまったけど前の人につまってしまいすぐ抜け出せませんでした。
 最初の登りを10番前後で終え、下りに入りました。下りでは前の選手が落車して巻き込まれそうになってしまったけど、落ち着いて抜けることができました。その後は周りのユースの選手と争いながら1周目を終え、2周目に入りました。2周目に入ると腰の痛みが出てきました。いつもあったので、我慢しながら走っていました。しかし2回目のフィード前で脚が痙攣したため1回コースアウト、脚の痙攣を止めてから再スタートしました。その後は前にいるアドバンスの選手を一人ずつ追いかけ、何とか完走することができました。


<
振り返って>
 
今回は前半が凄く調子がよく、いつもより重いギアを踏んで走っていました。 それが原因でいつも以上に腰に負担をかけ、それを脚でカバーしようとして強い負担をかけて痙攣を起こってしまったのだと思いました。

 重いギアを踏む力、腰への負担を減らす走り、など前からあった改善点があまり改善されていないことが分かりました。次のユース選手権まであと2週間なので、もう一度しっかりと見直して、改善できるよう、練習をしていきたいです。
 
応援、フィードなどでのサポートありがとうございました。

全日本選手権レースレポート(上野悠佑太)

2017全日本マウンテンバイク選手権大会

開催日:2017723日(日)曇 /
会 場:富士見パノラマリゾート(長野県富士見町)
    果:ユースクラス8
周回数:4,46km×3
 年に一度の全日本選手権。秋田での好感触をそのままこのレースでも見せたいと挑んだレースでした。練習はいつも以上に負荷のかかるもので疲労も少し残っていて、正直秋田ほどの調子ではなかった。それでも少しの違いだから影響はないと頭に叩き込み会場へ入りました。
 前日試走では変更されている所はあるものの、難しい所はありませんでした。しかし試走を終えた所で大雨が降り、ロックセクションのあるUターンの一箇所だけは落車のリスクを考え降りて走る事にしました。それ以外も少し滑りやすいなと感じたので、前輪だけマッドタイヤを選択しました。
 レースでは表彰台に乗る事を目標にしました。ただそんなに簡単な目標ではないことも分かっているし、レース中の駆け引きに勝って少しのチャンスも逃さず表彰台に乗るイメージをしてました。スタート位置は1列目の1番左でした。

   Photo by. GENさん]      
             
 レーススタート。スタートは悪くなく4番手くらいでしたが最初のコーナーで前に詰まってしまい、足をついてしまいました。そのような小さなミスで離れてしまうのは十分分かっていたので一旦落ち着いて前の選手について行きました。そこから1周目は3位争いで一時は単独で3位にもなりましたが、そこからがダメでした。2周目に入り腰に痛みを感じるようになり、序盤のシングルの登りでは次々と抜かされてしまい、3周目に入る頃には11位まで順位を落としてしまいました。全く前の選手のペースについていけず、無理やりついて行ってまた自分だけリズムが崩れて足をついてしまったりしていました。でも自分が後半強いのは分かっていて最後まで諦めず3人の選手を抜いてゴールし8位で終わりました。

      Photo by. 伊東さん]

 今回は前々から苦手と感じていた序盤のシングルの登りが攻略しきれず順位を落としてしまいました。ただダートクリテで使われている場所の登りはリズムがとれて楽に登れていたので、それより上がパノラマで速く走るために改善しなきゃいけない部分だと感じました。
 それでも落車がなかった事(足をつくことはあったけど)やスタートから目標順位を走れていることは、シーズン開幕の時から比べて確実に良くなっているのでそこは前向きに考えて行きたいです。
 今回の全日本選手権では順位だけ見れば全く目標には届かなかったけど、ネガティブには考えていられないし、次の全国ユースに向けてまた練習します。
応援・サポートありがとうございました。
TEAM GRM 上野悠佑太



2017年7月23日日曜日

全日本MTB選手権XCOレースレポート(松本璃奈)

大会:全日本MTB選手権XCO
日時:7月23日(日)
天気:雨
コース状態:滑る

機材
・バイク:SCOTT/スパーク
・タイヤ:IRC/シラク(27.5×2.25)
・ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS

結果
・女子ジュニア3位

1ヶ月ぶりの投稿になりました(汗)
久しぶりに書くので前回どんなことかいたかなぁと思い浮かべながら書こうと思います!

大会までの1週間。
母親とケンカしたり、三者面談があったりと色々ありました。三連休の時は、バテて体調が良くありませんでした。なので、練習することが出来ず凄く心配でしたが、三者面談で学校がはやく終わるということもあってたくさん練習出来ました。
金曜日から会場入りをしました。試走した感じだと、これはいけるんじゃないかと思いました。

大会前日。
前の日に、試走したのもあってスムーズに回ることが出来ました。前の日にチェック出来なかったところや気をつけないといけないところなど最終チェックも出来ました。
家に帰り、自転車のメンテナンスをしていたら雨が降ってきました。これじゃあ、コンディションが変わって色々なところで滑るだろうなぁと思いタイヤを交換しようか迷いましたが、ギリギリまで天気が分からなかったので交換はしませんでした。

大会当日。
前日に雨が降ったのもあって、家の前の道路は濡れていて犬の散歩をしていたら雨がパラパラと降ってきました。
会場入りして、スグに歩いてコースチェックをしました。コースのところどころにいるマーシャルの人に聞き情報をもらいました。やはり、雨が降ってるのもあって木の根っこや岩は滑りました。
レースまで2時間を切ったところで、雨がかなり降ってしまいタイヤ交換をしました。
弟のレースを応援しつつ、自分の準備をしました。
いつもより、少しはやめにアップを開始しました。いつもだと呼吸をあまり意識したことはなかったのですが、今回は呼吸を意識しつつ回転数を上げてアップしました。

いよいよスタート。
今回の大会は、7クラス同時出走でした。いつもの大会だとありえない状況でした。
男子U23と男子ジュニアの5分後スタートでスタートしました。
スタートを少し失敗してしまい、後ろの方からスタートで前では落車していて巻き込まれないよう上手くよけれました。
途中、女子の中で4位ぐらいで走れました。前は今井さんで離されないように着いて行きました。2回目のフィードを過ぎたところで今井さんを抜かし、前に出ましたが上りコーナーで滑ってしまい、抜かされさらに靴が壊れてしまいました。次のフィードまで、約半周あったので靴が緩いまま踏んだのでどうしても力が逃げてしまい、前とどんどん離れてしまいました。
2周目の一回目のフィードで靴を履き替えました。その時には女子の中で7位まで落ちてしまい巻き返ししましたが、前が見えなかったので追う人がいなくてどんどん自分のペースになってしまい、後ろの人に追いつかれその人にピッタリ着いていきました。2周目の後半の下り坂のところが凄く滑りハンドルをとられ転けてしまい、ロスタイムになってしまいました。
3周目(ラスト)では、順位は変わらずそのままゴールでした。

今回も前回と同じような展開になってしまい凄く残念です。1位とは、約8分差もありました。進化できなてないレースになってしまったので、練習方法をもう一度見直したいと思います。夏休みに入るので、このチャンスを逃さず上手く活用できるようにします。
2週間後は、ユース大会があります。次のレースに繋げるために課題を改善したいと思います。

今回はたくさんの方々が応援して下さりありがとうございました。
皆さんの期待に答えられるよう頑張ります!

Team GRM    松本 璃奈






2017年7月19日水曜日

田沢湖レースレポート(上野悠佑太)

Coupe du Japon たざわ湖 クロスカントリー
日時 2017/7/17(月) 曇り/晴れ
会場 秋田県 田沢湖スキー場
結果 ユースクラス2位
周回数 4,6km×2周


 全日本前最後のレースとなった秋田での大会。
レース前1週間は学校がなく普段よりも強度を上げた練習を予定したが、月曜に寝違えたせいで、十分にはできなかった。

 田沢湖は初めてのコースで、しっかりとレースのイメージを出来るように沢山走る予定だった。
しかし前日試走では土砂降りで雷もなったいた。
どうしようかと迷ったがコース状況やラインどりを確認したかったので結局土砂降りの中2周半走った。
コースは最初の登りがきつく、後半はシングルで滑りやすい箇所が多かった。
登りのドロドロやシングルトラックの区間が多かったのでタイヤはマッドタイヤを選択した。

レースでは中島選手に行けるところまで付いて行き最後でチャンスが巡ってくれば良いかなと思っていた。
なのでいつもそうだけど後のことは考えず付いて行く気持ちで挑んだ。

レーススタート。
スタートからひたすら付いて行く。1周目はペースもそこまで速くはなかったので、今回はついて行けるかとその時点では感じていた。


しかし2周目の前半の登りを登り切った所で10秒差をつけられて離されてしまった。
その時はもう限界に近く、追いかけるというより前に進むので精一杯な感じでした。
前とは徐々に離されてしまい、後半のシングルトラックではマッドタイヤでかなり走りやすかったので
追いつけるかなとも思いましたが結局差を詰める事が出来ずゴール
45秒差の2位で終わりました。


 最近の中で1番好感触のレースでしたが、これだと全日本では表彰台すら登ることが出来ません。2周目以降のペースアップについて行けるかが鍵になってくると感じたし、短い時間の中で成長して全日本を迎えたいです。
 そして全国ユースでも良い結果を出せるようにしっかり練習をして行きます。

 今回はGRMは一人での参戦でしたが、遠くからの応援と現地でのサポートでレースが出来ました。
ありがとうございました。

TEAM GRM 上野悠佑太



2017年7月17日月曜日

TEAMGRMダウンヒル練習20170717





こんにちは。監督のマシュンです。昨日の練習会ではダウンヒル練習を取り入れて課題を克服してきました。メンバーの参加者は2名でしたが、みるみる力をつけてきています!

CJ-1 富士見パノラマ秋 レースレポート (小林勇輝)

CJ-1富士見パノラマ秋大会 出場クラス:Men Junior 周回数:4.18㎞×4周 路面:ウェット 結果:2位 使用機材 フレーム:FOUCS RAVEN ギア:フロント34tリア11-42t タイヤ:Continental Mountainking2.2 ...