2017年6月28日水曜日

CJ-2 妙高 レースレポート (小林勇輝)

CJ-2妙高杉ノ原

結果:ジュニアクラス2位
周回数:4.1㎞×5周回

全日本まで約1ヶ月前のレース。全日本前の公式戦は自分はこれが最後。今回のレースは体の感触とレースの感覚を最終確認するのを目標に走った。そして感触は悪くなく良いレースができました。
5月の富士見から強度の高い練習を少し取り組んできたので体には少し疲れがたまっている感じだった。
スタートはエリートと同時だった。前にエリート選手が26人。今年の全日本は現時点での日程ではU23と同時スタートなので、全日本とは同じようなかたちになるであろうシチュエーション。リハーサルのつもりで走った。
そのスタートが思いの外うまくいき、最初の下りに入る。その時点でエリートと合わせて総合5番手。まず落ち着いてその時下りを下りきり、そこから全開で長い登りに入る。とにかく自分の走りをしようと全力でペダルを回していった。前にエリートのトップ選手がいたが離れていく。離れていくのは力の差があるからでどうしようもないので自分のペースで走りを進めた。
とにかく最初から最後まで全力で走ることができた富士見のレースが今回もできた。結果は2位という結果で1番ではないが走りとしては悪くはなかった。レース中、2回転倒する場面があったのが少し反省点。

良い感触、感覚で走りきれたので全日本へ向けて良いレースになったと思う。

全日本まで1ヶ月を切った今、残りの期間でできること、やるべきことをやるだけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

SDA王滝レースレポート(後藤大地)

日付:5月20日(日) 会場:王滝村松原スポーツ公園   6:00   スタート 11:49 フィニッシュ 結果:5時間48分   Av:15.8km/h            年代別 4位    今回は待ちに待ったSDA王滝に出場しました。年齢制限が外れついに出れた春...