2017年4月25日火曜日

やわたはまレースレポート(松本璃奈)

大会名:やわたはま国際MTBレース2017
日時:4月23日(日)
天気:晴れ

機材
バイク:SCOTTスパーク
タイヤ:IRCタイヤ/ミトスXC 27.5×2.25
ヘルメット:SCOTTセントリックプラスRCカラー

結果:女子ジュニア2位


日本に帰って来て最初の大きな大会でした。
金曜日の朝に出発し、愛媛に到着まで8時間もかかりました。途中、瀬戸大橋を見ることができました。初めて見たのでテンションが上がりました。
会場につき、試走したところ思った以上に根っこが多く滑りました。時間の関係で、金曜日は1周しかできませんでしたが、だいたいのラインを確認することができました。
この大会での宿はキャンピングカーでした。会場でもゆっくりできるので試しに借りることにしました。
会場では、夜間は出入りすることができないので道の駅に移動しました。ここの道の駅は、市場があり早朝には新鮮な魚が並んでいます。6時ぐらいに起きて見に行きましたがもう完売していました。張り紙を見ると、「土曜日は早く完売することがあります」と書いてあり、見ることができませんでした…。

大会前日。
午前中は大会があったので午後から試走でした。チームみんなで試走したので、周りからは「マシュン講座が始まったぞ!?」という声が聞こえてきました。そりゃ、10人ぐらいで試走しているチームはめったに見ることが無いので「何がはじまるんだ?」と注目の的になりますね(笑)でも、みんなで試走することで色々ラインが見えてきてどこがスムーズに走ることができるのか確認することができました。ここのコースは、試走で走り過ぎると疲れてしまうし、日によってコンディションが変わるためほどほどに走りました。特に「ゴジラ背中」(木の根っこが沢山あるところ)がラインが見つけづらかったです。

レース当日。
天気は、晴れたのでいい朝を迎える事ができました。会場につき、女子ジュニアは11時からなのでチーム内では弟が最初でした。弟は、男子ユースで1位を取りました。その影響で、自信を持つことができレースに挑みました。
レースがスタートし、出だしから良い順位で走ることができました。1周目後半で、ジャンプしたところラインがずれて転びました。しばらく痛みが治まらないまま走っていましたが、ペースが落ちてしまいましたが痛みをこらえて走り続けました。去年の自分だったら転んだ時点で心が折れてたりしていましたが、「まだ追いつける」「まだ1位になれる」と思うことができペースをあげることができました。
2周目から3周目は、SCOTTの今井さんと競りながらお互い得意なところをチーム内で協力してペースを落とすこと無く周回を重ねることができました。
ラスト1周のところで、男子ジュニアのトップに追いつかれてしまい、これ以上抜かれないように必死に漕ぎました。結果は2位でした。

今回のレースが初参戦でしたので、そこそこ良い結果を出すことができましたが、1位の川口選手には半周差をつけられてしまいました。また、今回の大会での課題は水分不足で脚が攣ってしまったことが課題になりました。

まだまだ、シーズン始まったばかりなのでこれからの日々の練習をもっと頑張り優勝します。またチームみんなで表彰台制覇したいので、応援よろしくお願いします。



                             TEAM GRM 松本璃奈

TEAM GRM(チームグラスルーツムーブメント)オフィシャルページ開始

マウンテンバイククラブチームのGRM総監督を務めてまいります、松本駿です。2017年4月より本格的に始動となり、アマチュアアスリートをトレーニング指導していきます。僕自身もプロとして現役アスリートであり、チームスコットのプレーイングマネジャーとして活動してまいります。

マウンテンバイクシーズンもいよいよ始まり、開幕戦は2名の出走。男子ジュニアでは、小林勇輝選手が6位。女子ジュニアで松本璃奈選手は2位となりました。次は5月5日に滋賀県琵琶湖で2戦目が開催され、4名の出走となります。

定期的に開催の合宿で頑張り、上位を目指して走りますので応援よろしくお願いします。

また、今後はメンバーのレポート掲載や合宿など、活動のご報告もさせていただきますので、今後ともご覧ください。

全日本選手権(片桐翼)

日時:2017/12/10 会場:長野県南牧村滝沢牧場 結果:9位 Photo:Masakazu Abe 前日の試走は3周しました。 スーパークロス野辺山の時のコースとは大きく変わって、雪、新セクションと面白いコースでした。 その中でも自分には、溝のセクションとキャ...